ブラッシングにはコツがあります

犬歯

犬歯は表面が大きくカーブしていて、両サイドの隅や歯茎とのさかい目に汚れが残りやすいので、歯ブラシを縦に向けて動かし、隅やさかい目に注意して磨きましょう。

イラスト「犬歯のブラッシングについて(1)」

歯ブラシを縦にして、両側の隅や歯茎とのさかい目を丁寧に!

イラスト「犬歯のブラッシングについて(2)」

カーブに沿って歯ブラシを当て、毛先で汚れを掻き出す様に!

イラスト「犬歯のブラッシングについて(3)」

汚れが残る場所

前歯

前歯で汚れやすいのは、歯と歯茎のさかい目や、歯と歯の間です。

汚れが残りやすい裏側は、歯ブラシを縦にして磨くとよいでしょう。

イラスト「前歯のブラッシングについて(1)」

汚れが残る場所

上の前歯の表側は、唇をそっと押し上げて磨くのがコツ。歯茎に強く当てないように注意。

歯ブラシを直角に当てて、左右に細かく動かします。

イラスト「前歯のブラッシングについて(2)」

細かく

奥歯

イラスト「奥歯のブラッシングについて(1)」

汚れが残る場所

くぼみや歯と歯の間、舌や頬に接している面に汚れが残りやすいので、一番虫歯になりやすい歯です。

歯ブラシをきちんと当てるには、歯ブラシと同じ方向に指を入れ、頬の内側を持ち上げると奥まで見えて磨きやすくなります。子供の頬を包み込むようにするのがコツです。

イラスト「奥歯のブラッシングについて(2)」

歯ブラシの角度を45度くらいにすると、歯と歯茎のさかい目も磨けます。

イラスト「奥歯のブラッシングについて(3)」

歯ブラシを前後に細かく動かす。

生え始めの低い歯の時は、ブラシを横から入れると良いでしょう。

デンタルフロス

「デンタルフロス」のイラスト(1)

歯ブラシでは取れないすき間の汚れに効果があります。

ゆっくりゆすりながら歯間に入れて、両方の歯の側面をこするように動かしてください。

「デンタルフロス」のイラスト(2)

歯と歯にすき間がない場合は、デンタルフロスを利用するのも一つの方法。

女の子のイラスト

お子さまをほめてあげて、歯磨きや仕上げ磨きを嫌がらない環境を作っていきましょう。

歯ブラシの寿命

イラスト「歯ブラシの寿命について」

歯ブラシの後ろからみて、毛が見えてきたら新しいものに交換しましょう!

毛が開いたもので磨いても、きれいにはなりません。

PageTop