むし歯の治療について

3歳未満

3歳未満のお子さんには、積極的に治療を行わず、進行止めを塗っています。

(保護者の方と一緒に入っていただきます)

初診でお口のチェックをして、虫歯のある子は進行止めの薬を2週間位の間に2~3回続けて塗って頂きます。

治療のようす

  1. 初診

    • お口の中のチェック(むし歯があった時、進行を抑える薬を2週間位の間に2、3回続けて塗っていきます。)
  2. 2回目

    • 進行止めのお薬
  3. 3回目

    • 進行止めのお薬

上記以降は3ヶ月に1回程度、進行止めのお薬を塗り、3歳のお誕生日を過ぎたらトレーニングをして、むし歯の治療に入っていきます。

3歳児~就学児

トレーニングは母子分離になります。

  • シールシート

  • 表彰式のメダルかけ

  • 治療計画のご説明

  • 表彰式のプレゼント

  1. 初診

    • トレーニング
    • お口の中のチェック
    • 進行止めのお薬(むし歯があれば)
    • クリーニング
    • カウンセリング
  2. 2回目

    • トレーニング
    • 進行止めのお薬
  3. 3回目

    • トレーニング
    • 進行止めのお薬
    • レントゲン撮影
    • 治療計画と回数説明
  4. 治療

    症状に合わせて通院して頂きます

  5. 表彰式

    治療が完了したら、記念撮影とプレゼント

表彰式後は3ヶ月に1回の定期検診をおすすめしております。治療後に毎回ごほうびがもらえるよ!

トレーニング

治療のようす

削るまねのトレーニング

当院ではトレーニングをとても大切にしています。

  • かぜ(air)
  • そうじき(バキューム)
  • タービン(削るまね)

大人にとっては、歯科医院でやるあたりまえの事ですが、お子さんにとっては初めてなので、ひとつひとつ説明し、痛くない事をわかってもらいます。

小学生(治療に慣れてる子)

治療のようす

ラバーダム防湿

  1. 初診

    • 軽くトレーニング
    • レントゲン撮影
    • 治療計画、説明
  2. 治療

    症状に合わせて通院して頂きます

ラバーダム防湿のメリット

  1. 器材から唇や舌を守ります。
  2. よだれが入ってくるのを防ぐことより、治療を早く正確にします。
  3. 乾燥した状態でつめものをするので、つめたものが長持ちします。
  • スムーズ
  • より良い治療
  • 安全

PageTop